ピルの通販価格や種類!口コミ、噂で話題のピルの違いは?

ネット通販での購入ができるピルは「想定外」と「想定内」とのシチュエーションで選択されます。

ざっくり口コミレベルでのピルの分別としては、
・ゴムを使わず、又は使ったが膣内に精子が入り込んでしまった時は【アフターピル(緊急避妊薬)】
・膣内で射精される前提で予め準備をしておくのが【低用量ピル】
となります。

これらのピルを使っても100%の避妊率ではありません。体にリスクがない程度でホルモンを調整しての避妊ですのでが、実際、避妊率はコンドームよりも高いと言われています。

こんな女性にとっては素晴らしいのに利用されてない人が少ないのが現状です。

まずは、それぞれの避妊用ピルについてサラッと理解してみてください。

アフターピルの噂の凄さ

アフターピルの凄いところは、避妊の失敗(精液が膣内)してから72時間(3日)以内に服用することで、95%以上の確率で妊娠を回避できるとされています。
*最大120時間まで避妊効果がある製品もあります。

アフターピルで得られる効果
  • 排卵抑制
  • 子宮内膜の増殖抑制

アフターピルに含まれている女性ホルモンの一種により卵子の排卵を抑制したり受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐ事で妊娠をしないようにしてくれます。

時間別避妊成功率※アイピル錠を参照
  • 24時間以内の服用の避妊率:95%
  • 1日~2日以内・・・98%
  • 2日~3日以内・・・97%
  • 72時間以内の避妊率:63%

また、セックスから時間が経過してしまった場合は避妊率が極端に下がります。
このような場合に多くの人が選択されるのが、『エラ』というアフターピルの服用になります。
この緊急避妊薬は3日以上経過してしまった場合でも高い避妊率があると言われており、
5日(120時間)以内の服用でも95%の確率で避妊に成功するとされている緊急避妊薬です。

通販購入用の人気アフターピルの商品一覧

本来は病院やクリニックで手軽に入手が出来れば良いのですが、病院の営業時間や事前の購入が出来なかったり、自由診療なので費用が高額請求となったり悪い噂も良くあります。
その点、アイピルの通販では事前しておけば安価ですので経済的な負担も小さく利用が出来ます。
危機意識が高い男子も予めネット購入をしておいて冷蔵庫で保管しているなどの口コミもよく見かけます。
のでまとめてご購入しておき、避妊への心配がある場合に備えておくことも出来ます。

また、病院で処方されているものと同じアフターピルや、ピル先進国の海外で人気があるジェネリック医薬品など、品揃えが豊富な点も通販サイトの魅力です。

管理人オススメのアフターピル

【アイピル】
病院処方薬ノルレボのジェネリック医薬品です。
値段が安く、国内で処方されている薬のジェネリックで安心して使えるため、初めての方には特におすすめです。

<価格目安>
■ノルレボ(病院):15,000円~20,000円
※自由診療扱いとなるため、病院などによって費用は大きく変動します。
■アイピル(通販):1,300円~
■エラ(通販):4,600円~

通販でご購入いただけるアイピルエラは3日以内でしたら違いは殆どありませんが、エラは価格分だけ72時間(3日)以降でも高い避妊効果がある製品です。

画像参照:https://mitsukoshiya.com
アフターピル

避妊失敗時に飲むタイプのピル

例えば・・・
・ゴムが破れていた
・中に出ていた
・避妊できているか心配
避妊失敗から72時間(3日)以内の服用で、100%に近い避妊効果が得られる緊急時用の避妊薬です。

アフターピル

低用量ピルは世界共通で女性の味方

低用量ピルにも女性ホルモンが含まれている事で、毎日、服用することで排卵を抑制し妊娠をしなくなります。もちろん、服用を止めれば妊娠が出来るようになります。
また、美容クリニックなどでは避妊以外の目的でも利用され、ニキビの予防や女性特有の病気が改善できるとしてSNSでも話題となっています。

低用量ピルで得られる効果
  • ほぼ100%の避妊効果
  • 生理前のイライラ(PMS)改善
  • 生理痛軽減
  • 生理周期の安定
  • 大人ニキビ、肌荒れの改善
  • 卵巣がん、子宮体がんの予防

通販で購入できる低用量ピルの一覧

低用量ピルで計画的に避妊をされる人、ホルモン異常でニキビ肌対策で利用されている人なども、クリニック、病院処方と同じ成分の低用量ピルが通販サイトでも人気です。

通販サイトで販売されている低用量ピルは海外製ではありますが、もともと海外発の製品ですし、日本以上に多くの人が利用されている製品ですので有効性、安全性についても日本製品よりも高い実績になります。

オススメの低用量ピル

マーベロン
副作用が少なく、生理痛やニキビ改善など、避妊以外にも様々な目的で処方されています。
1相性で飲み間違いの心配がないため、初めてでも使いやすく多くのクリニックでも選択されています。

購入ページ 商品 内容量 価格 特徴
21錠
  • 1箱/777円
  • 副作用が少ない
  • ニキビ改善
  • 生理不順改善
  • 病院でも処方されている
21錠
  • 3箱/6,400円
  • 5箱/6,600円
  • 生理痛改善
  • 生理不順改善
21錠
  • 3箱/9,900円
  • 5箱/12,100円
  • 超低用量成分タイプ
  • ニキビ改善
  • 副作用が少ない
21錠
  • 3箱/9,000円
  • 5箱/10,800円
  • ニキビ改善
  • 生理前の不調
  • 不快な症状改善
21錠
  • 1箱/8,400円
  • 3箱/12,000円
  • 5箱/16,100円
  • ニキビ改善
  • 35歳以上の方、喫煙者の方、授乳中の方など利用
28錠
  • 3箱/12,400円
  • 5箱/16,800円
  • 副作用が起きにくい
  • ニキビ改善

低用量ピルの飲み方【21錠・28錠の違い!】

低用量ピルの飲み方【21錠・28錠の違い!】
画像参照:https://mitsukoshiya.com

同じ製品でしたら21錠/28錠には違いはありません。

差異の7錠は疑似薬で何の効果がない錠剤です。これは低用量ピルはお薬を休む期間があるため、その間でも毎日、飲み続ける習慣とするための便宜上の錠剤です。飲まなくても大丈夫な期間の錠剤です。

28錠入りは、休薬期間明けのタイミングを間違えてしまいそうな方や、飲み忘れが心配な方にオススメです。※偽薬には医薬品の成分は含まれていないので身体に害はありません。

アフターピルと低用量ピルのよく言われる使い分け

【低用量ピル】と【アフターピル】とでは、どちらも避妊効果を得られる避妊薬ですが、避妊のタイミングやその他の目的で使用するなどによって良く使い分けられています。

低用量ピルの特徴
  • 毎日1錠飲み続ける必要がある
  • 生理不順、生理痛、PMSの改善効果もある
  • ホルモンバランスが安定する
アフターピルの特徴
  • 避妊失敗後(緊急事態時)72時間以内に服用する
  • 副作用で吐き気が起こりやすい
  • 体への負担が大きいため、低用量ピルのように日常的な服用はできない

低用量ピルを日常的に利用されている女性は避妊だけでなく、実際、snsでも話題にとなるのはPMS改善効果やホルモンバランスが安定するので生理痛などが改善されるとも言われています。

アフターピルにおいては1度きりの効果でもありホルモンバランスの調整までは期待はできませんが、セックスの時に精子が膣内に入ってしまう想定外の場合はに、活躍するのがアフターピルになります。

確率的にもセックスの後、24時間以内に服用すれば余程の運が悪い人でなければ問題はないはずです。

口コミでも話題の女性の痛みを改善

低用量ピルは、女性の苦しみや痛みを改善してくるとしても知られています。
もちろん医学的な根拠の元で使用されていますが特に欧米では避妊以外にも生理不順、生理痛の改善、PMS症状の軽減などを目的も利用されている人が多くいるようです。

実際、「避妊目的で服用している」女性よりも、「避妊以外の目的で服用している」「避妊+他の効果を目的に服用している」という女性の割合が高く、全体の58.5%を占めているそうです。(※参考文献:経口避妊薬ファクトブック)

低用量ピルが向いている人
  • 彼にゴム着用を口にできない
  • 不特定な相手との性交渉がある
  • 生理不順を改善したい
  • 生理日を安定させたい
  • 乱れたホルモンバランスを安定させたい
  • PMSのせいで日常生活に支障が出ている

低用量ピルの副作用や服用方法など、さらに詳しく知りたい方は以下のページでも紹介しているので参考にしてみてください。

ニキビも減ってくると話題の低用量ピル

低用量ピルにより男性ホルモンを抑制することで、ニキビが改善すると実際に利用されている人の声から知られています。
これは美容系クリニックでも積極的にニキビ治療に使用されているところからも実績が見て取れます。
男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にさせるため、ニキビができる主な要因です。ホルモンバランスが乱れ、男性ホルモンが優位になったときにニキビができやすいと考えられています。

低用量ピルは黄体ホルモンの使用量が多く、男性ホルモンの数が少ないため、ニキビの改善が可能です。

ただし低用量ピルを服用しても、ニキビが治らない場合があります。ニキビは肌の乾燥やターンオーバーの乱れなど、他の原因も関係しているためです。

低用量ピルを使っているのに、逆にニキビが増えたと感じる場合、生活習慣を見直すことでニキビが改善されることがあります。

生理痛の原因がホルモンからくるなら低用量ピル

生理痛で悩まれている人も低用量ピルの服用で、生理痛や生理不順も改善されます。

生理痛が起きる原因は、黄体ホルモンの「プロゲステロン」の分泌量が多いことです。生理時に血液が排出される際、プロゲステロンの分泌量が多いと子宮を必要以上に収縮し、痛みを感じるようになります。

低用量ピルの内服によって、プロゲステロンの分泌を抑えられ、結果として痛みが緩和する可能性が高いです。

また、ホルモンバランスが乱れると、生理不順を引き起こしやすいです。低用量ピルを服用することでホルモンバランスが正常になり、生理のリズムも整います。

アフターピルが向いている人

アフターピルは、避妊をせずにセックスをしてしまった、避妊に失敗したなど、意図しない妊娠を避けるために服用するための薬です。

避妊失敗後(射精後)にとれる避妊方法なので、「最後の避妊手段」ともいわれているそうです。

アフターピルが向いている人
  • 毎日同じ時間に薬を服用し続ける自信がない
  • パートナーが避妊対策をしてくれないことがある
  • 妊娠を望んでいない
  • 万が一のために備えておきたい

避妊失敗から24時間以内に服用すれば、95%の確率で避妊に成功するといわれているアフターピルですが、海外では薬局などで手軽に入手ができるなど世界的には危険性が低い薬として取り扱われていますが、日本国内では未だに医師の診断を必要としています。
国内ではクリニック等の保護なのか、どんな利権関係があるのか医師の診断がなければ入手できない状態です。

アフターピルは避妊に失敗してから服用までの時間が短ければ短いほど良いのですが、病院やクリニック(産婦人科)などは、営業時間を気にしたりと、入手までどうしても時間がかかりますね。
通院の理由一つにしても、アフターピルを処方は簡単ではないと感じる女性もいるでしょう。

近年はオンライン診療などもあるようですが、アフターピルの入手は受け取るのに時間も費用も高くなってしまいます。
ネット通販ならば、多少、服用に関して自分で勉強しないと安心して利用できないかもしれませんが、通販で安価で手軽に入手できるようになっています。

通販でピルを安全に入手する方法を知りたい?

楽天・Amzonなどでもお薬の取り扱いを始めていますが、それでも低用量ピルやアフターピルは取り扱いができません。

法律的も医師の診察がなければ入手が出来ないのですが、不思議なことに海外から送られてくるお薬には、この法律が適用されず、また、個人で利用する分には自己責任ではありますが合法的に購入ができるのです。

日本国外で生活されている人たちが普通に薬局等で安価で入手できるお薬で、国内の利権などの影響を受けずに適正価格(安価)で入手できます。
しかも、国際郵便代金を含めても多くの場合は海外医薬品の方が安価ですので、国内医薬品がいかに効果なのかがわかりますね。

ピル通販の常識的な良いところ!

費用を抑えられる

病院で処方してもらう場合、薬代の他に、初診料(再診料)や処方料、場合によっては検査費もかかります。避妊やニキビなどを目的とする場合は、保険が使えないので高額医療となってしまいます。
一方、通販で必要になるのは薬代と送料のみ。

そうです、避妊やニキビなどを目的とする場合は、保険が使えないので高額医療となってしまいます。

もし心配だったらSNSで避妊ピルについて質問してみましょう。
実際に利用されている人の声を聞くことも非常に重要です。それでもやっぱり医師が信頼できるとお思いでしたら、初回は医師に診断の元で薬を処方してもらうのもいいでしょう。

そして、2回目以降は同成分のジェネリック品を海外製品で購入するなどで安全に費用を抑える人もいます。

また、海外ジェネリック薬品はアフターピルや低用量ピルだけでなく、様々なお薬が適正価格で入手できるチャンスを知る機会にもなります。

恥ずかしくない

医師が女性でもやはり婦人科や美容系クリニックは抵抗がある人もいるでしょう。
SNSなどネットの社会では顔を出さないので平気に話題にはできますが、実際に自分自身が避妊や生理痛の治療を考えると恥ずかしさから色々と考えてしまうかもしれません。

その点、ネットで情報収集が出来てれば通販で全て完了します。

配達する郵便局の人も中身は何かわからないから、気兼ねなく通販で避妊が出来ますね。

実績があるジェネリックだから安心

最近は医療費の軽減からジェネリックを推奨する風潮ではありますが、それでも病院としては利益を上げるために利益率が高い薬を処方したいでしょう。

このようなネットでは知られている薬局は購入する数量のノルマがあったりして、大手製薬メーカーなどとの付き合いで一定数を仕入れなければならないなどの縛りもあります。

このような事が背景にもあるので未だにジェネリックは「危険だとか、効果がない」とか、ましてや海外製へのネガティブな情報を発信する医師がいるのが現実です。

それに、避妊用ピルなどは病院やクリニックでは在庫がない等もあります。大量の在庫や人気のないピルを持っていても消費期限切れになってしまうため、病院で避妊ピルを購入する場合は事前に確認と、ボッタクリが無いかSNSで情報収集も必要かもしれません。
*保険が使えないというのは自由診療で病院側が自由に金額を設定ができるのです。

日本ではピルの普及率が低く、あまり一般的ではなくピル後進国とも呼ばれています。
海外医薬品通販サイトならば先発薬からジェネリック品まで直送されるので種類も豊富ですので、自分との相性が良く、お気に入りのピルも確実に購入ができるはずです。

powered by 三越屋-個人輸入代行

タイトルとURLをコピーしました