【特集】ピルは「避妊薬」から「治療薬」へ 『生理は大変で当たり前』から変わる"価値観" 背景にはSNSでの発信増(2021年8月31日)

避妊
1:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

多嚢胞性卵巣症候群は〇〇好き?【妊活先生・川添亜樹先生の妊娠成功例】

2:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)
3:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

そして、この大豆イソフラボンの中に含まれる『ダイゼイン』が腸内の乳酸菌の働きによって、『エクオール』に生まれ変わり、腸から体内に吸収される仕組みになっております。

4:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

この酸化という状態が慢性化すると、脳細胞は死滅していき、体内のネットワークが壊れ様々な病気を発症するのです。

5:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

【マスク生活でも楽しみたいリップ!】 旬顔になれる2021年の秋リップまとめ|40代ビューティ

6:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

後天的に発生するシミは、メラニン色素の生成を阻害する、ウリプリスタールとレボノルゲストレルのはたらきによって改善・予防が可能です。

7:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

This is description

「ピル」といえば『避妊薬』という印象を持っている人も多いと思いますが、若い世代を中心に『生理痛を軽減する』など、一般的な『治療薬』として認識されています。彼女たちが偏見なく、ピルについて知識を得ている背景にSNSの存在がありました。変わりつつある「ピル」の今を取材しました。
(2021年8月31日放送 MBSテレビ「よんチャンTV」内『コダワリ』より)

#MBSニュース #毎日放送 #ピル #避妊薬 #治療薬 #生理痛 #SNS #婦人科 #助産師 #YouTuber #大貫詩織さん #スマルナ医科歯科レディースクリニックOSAKA #性教育 #低用量ピル #女性ホルモン #生理不順 #ユーチューバー  #アスリート #五輪

8:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

>>7 濃度と種類について2001年の薬事法改正により、医療機関でしか手に入れられなかったウリプリスタールとレボノルゲストレルクリームを、通販でも手軽に入手することが出来るようになりましたが注意したいのはその濃度です。

9:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

>>7 ▼メラニン色素が肌に沈着次々と過剰に作られたメラニン色素が肌に沈着し、シミに。このサイクルをもとから絶ち切らないと、シミは増えていくばかりです。

10:ピル@避妊方法2022.09.10(Sat)

>>7 その中でも有名な・エロ成分で中だしOKとしてビタミンCやプラセンタ、アルブチンなどがありますが、ウリプリスタールとレボノルゲストレルはそれら美白・エロ成分で中だしOKの10~100倍の効果があると言われています。

powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

  1. 妊娠 ピルなくなってて偉い188はすごい面白いところがネタでは出てないんですよねー188後輩芸人がフット後藤の悪口連発!「毒舌」「バサっといくな」188www低評価とか、、、MBS NEWSって意外と真面目にやってる印象MBS NEWSの初期から見てる初代『M-1』第3位の中ダシでの

タイトルとURLをコピーしました