避妊ピルは女性ホルモンの塊で好色で淫乱な女になる媚薬

避妊

避妊ピルの女性ホルモンが女性の性欲に及ぼす影響については、さまざまな評価があるようですが、女性ホルモンが「女」にして反応をしますのは確かではありますが、残念ながらピルを服用すれば全ての女性が分かりやすい反応を示す訳ではないようです。
しかし、科学者たちは、女性の性欲を駆り立てる要素は、科学的な方法とは相容れないことを発見するに至りました。避妊薬と性欲の関係についての研究では、継続的に異なる結果が出ています。

媚薬成分は安心できるか?

避妊薬の成分は安心はできますし、女性ホルモンが安定するので性欲のスイッチが入りやすくなってしまいます。
でも、女性ホルモンが安定すると性欲のスイッチを入りやすくなります。

また、この性欲はスイッチを入れるトレーニングが必要ですが、長くパートナーと付き合っていると『もう相手に欲情なんかしない』っていう話があるじゃないですか。そういう時、自分の性的嗜好を掘り下げていない人はしんどくなってしまうと思うんです。

体に使うグッズなので、アレルギーといった拒否反応がでるような成分はほとんど使用されていないと思いますが、購入前にちょっとチェックしてみてください。

● おすすめは「ピル」。避妊以外にも効用が

女性が自分の意志のみで使用できる最も有効な避妊法としておすすめなのは、先頃やっと日本でも解禁された「低用量ピル」。
これは、2種類の女性ホルモンを合成したもので、女性の体を常に人工的な疑妊娠状態にすることによって、妊娠を防ぎます。

吐き気など「つわり」のような副作用が出ることもありますが、たいていは使用を開始して3カ月もすれば治まるので心配はありません。月経痛の軽減やホルモンバランスの改善など避妊以外の効果もあり、飲み忘れさえしなければ失敗はまったくないので、将来的に妊娠を望む女性にとって、これほど有効な避妊法はないといえるでしょう。
ただし、「ピル」はあくまでも避妊の手段。性感染症を防ぐためには、「コンドーム」の正しい使用とオーラルセックスを控えることが大切です。

● 「しまった!」というときは性交後避妊という手も

ピルの飲み忘れやコンドームの破損など、どうしても心配なセックスをしてしまったときの緊急処置として、「性交後避妊」という手段もあります。これは、性交後72時間以内と、その12時間後に中用量のピルを服用するというもの。体への負担もなく、簡単な処置なので、知っておくと便利な方法です。

避妊ピルは太らない

「ピルは『副作用で太りやすくなる』という都市伝説がありますが、実際に使ってみるといいことしかないなと感じます」

「中用量ピルが主流だった時代は実際に太りましたが、低用量ピルであれば問題ありません。ピルを飲んでいるモデルさんだっていますよ。

最初は出血が増えることがありますし、血栓症という血が固まりやすくなる副作用もありますが、20〜30代のタバコを吸わない健康な人であれば、リスクはほとんどありません。先ほどお話しした通り、排卵を止めて体の負担を減らすことができるので、妊娠を考えていないのであればおすすめです」

powered by 三越屋-個人輸入代行

コメント

タイトルとURLをコピーしました